相続の手続きの期限は重要 - 相続で配偶者控除を上手く使おう

相続の手続きの期限は重要
相続で配偶者控除を上手く使おう > 相続の手続きの期限は重要

相続の手続きの期限は重要

image

相続の手続きには期限があります。
それぞれの手続きによって期限も違ってくるので、その点は注意が必要となるでしょう。

まず、相続が必要となる場合は、被相続人との関係をしっかりと明確にしておく必要があります。
手続き云々の話よりも、まずは配偶者なのか子供なのか孫なのかという関係が重要です。
それによって相続に関しても違ってくるので、そこはしっかりと確認しておいてください。
また、相続人に関しては色々な状況が想定できます。
結婚していない場合や結婚していても子供がいない場合、逆に子供が先に亡くなっている場合などなど状況によって違ってきます。
被相続人が亡くなった後というのはドタバタしていてなかなか手続きの時間も限られているので注意しておくようにしましょう。

まず、相続の際に重要となってくるのが相続税の申告と納税です。
これは相続開始から10か月と期限が定められています。
この期限内に申告して納税しないと、最悪の場合はさらに追加で課税されることがあります。

ただ、近年は相続放棄をする方も多くなっていて、そちらの手続きを進めたいという方もいるでしょう。
そういう場合は、熟慮期間が3か月と定められています。
これは限定承認の場合も同様です。
相続をするのかどうか、もしくは一部だけ相続するのかという点などを考えて、期限内にしっかりと手続きを済ませておくようにしましょう。
その他、期限に関しては猶予が少ないこともあるので、被相続人が亡くなった後は、すぐに手続きに入っていくことが必要となります。
それさえしっかり守っておけば、特に問題はないでしょう。

ただ、これらに関しては知識がないという方も多いのではないでしょうか。
そうなると手続きも難しくなってきます。
そのため、近年は弁護士や税理士などに代行を依頼する方も多くなっているのです。
司法書士や行政書士も助けてくれるので、何か手続きが必要な場合は相談してみてください。
そこから解決策が見つかっていけば、不用意にドタバタすることもなくなります。
そういう意味では、かなり代行を利用する魅力は大きいと言えるでしょう。
後々トラブルや問題に発展しないよう、第三者の力を借りるというのはとても有効です。
まずはそれらも考えて利用していくようにしてみてください。
それが上手に相続をおこなっていくための方法となります。
手続きはわからないこともあるので、専門家を頼ることも重要となります。