相続の配偶者控除のシミュレーション - 相続で配偶者控除を上手く使おう

相続の配偶者控除のシミュレーション
相続で配偶者控除を上手く使おう > 相続の配偶者控除のシミュレーション

相続の配偶者控除のシミュレーション

image

相続が起きたあと、配偶者が相続する財産には配偶者控除という特例を適用できます。
これを使えるなら、できるだけ使うことをよくおすすめされるくらい、非常に節税になる特例です。
それがどれくらいの効果なのか、シミュレーションをするとよくわかります。

たとえば配偶者が5000万円の相続をしたとき、配偶者控除を適用すると、相続税が0円になります。
これはときにもっと高額な相続財産を利用したときでも同じになります。
たとえば3億円といった高額な財産を相続したときも、配偶者控除を利用すると相続税が0円になることもあるのです。

実際にこのようなシミュレーションをするとその効果がよくわかりますが、この配偶者控除の内容も知らないと、シミュレーションされたその結果の意味もよくわかりませんよね。
相続が起きたときに使える配偶者控除とは、配偶者が相続する財産のうち、1億6000万円までか、もしくは法定相続分までか、どちらか高い方までの財産を非課税とする特例です。

配偶者が受け取れる法定相続分は、最低でも50%となります。
一緒に法定相続人に確定した相手によっては、それ以上の割合を取得できることもあります。
そのような法定相続分が1億6000万円以下だった場合、配偶者は1億6000万円までは非課税で相続できるのです。

もし故人が残した遺産の総額が多く、配偶者の法定相続分が1億6000万円を超える場合、その法定相続分の金額までは、やはり非課税で相続できます。
配偶者控除は相続する上で非常に有利な特例ですから、よほど故人の遺産額が多く、配偶者の相続分が非常に多い場合を除き、実際にシミュレーションすると配偶者の相続税は0円になることが多いのです。

このようにシミュレーションをすると、配偶者控除の大きさがよくわかりますが、それなら配偶者控除を利用し、配偶者がすべての財産を相続した方が、故人の遺産に相続税がかからず、お得なようにも感じられるでしょう。
これは実際にその通りになる場合もあるのですが、むしろ損をする場合もあります。

それはどういうケースかというと、配偶者自身も高齢で、配偶者がすべての遺産を相続しても、また遠くないうちに配偶者も亡くなり、また相続が起こる可能性がある場合です。
このときはそれが本当にお得か、将来起こると予想される相続時にどれくらいの相続税がかかるか、しっかりとシミュレーションをした上で判断するといいです。
そのような精密なシミュレーションをしたいときは、相続を専門とする税理士まで依頼するのが基本となります。