相続税申告時に配偶者控除はどう使うの? - 相続で配偶者控除を上手く使おう

相続税申告時に配偶者控除はどう使うの?
相続で配偶者控除を上手く使おう > 相続税申告時に配偶者控除はどう使うの?

相続税申告時に配偶者控除はどう使うの?

相続税を申告するとき、配偶者控除はぜひ使いたい方も多いでしょう。
これを使いたいときは、どうしたらいいのでしょうか?

まず、控除を使うために特別な事前の手続きは必要ありません。
たとえば、事前に配偶者控除の使用を税務署まで届け出するなどの必要はないんです。
思いがけぬ事故や病気で配偶者を亡くすなど、急に発生した相続でもこの控除は使えますので、使った方が節税になる場面ではぜひ使ってみてください。

コレを使うときに必要なのは、相続税の申告書の中で、この配偶者控除関連の書類を作成することです。
コレを作って提出すれば、その相続に関する税金の計算に、配偶者控除が適用されます。
コレをしなかった場合は、たとえ故人の配偶者であり、この控除の使用資格があっても適用されません。
控除があれば税金が1円もかからない条件だったとしても、普通に課税されます。
関連書類の作成と提出が必要条件ですので、必ず書類を作成して一緒に提出することを忘れないでください。

その書類とは、相続税の書類の中の第5表になります。
ちなみにこれら書類は全部で15表まであり、その中で各申告者が必要な書類を選び、それらだけを作成するんです。
配偶者控除が必要な方はこの第5表を必ず作成してください。
その他の必要書類と合わせてコレを作り、税務署に提出すると、配偶者控除が適用されます。

そして、この表以外にも必要な添付書類があります。
主に必要なのは戸籍謄本ですね。
故人のものと、配偶者のものと、それぞれが必要です。
お互いが婚姻関係にあったことが分かるこれら資料を、証明書類として提出してください。

そして配偶者が、その財産を確かに相続したことが分かる書類もつけます。
これは遺言書や遺産分割協議書などの写しになりますね。
遺産分割協議書を提出する際には、その書類に署名・捺印した他の相続人全員分の印鑑証明書も必要です。
これをつけることで、その書類が偽造されたものでないことを証明します。

以上のように必要な書類を用意して、他の相続税の申告書とあわせて提出すれば、配偶者控除を使えます。