配偶者控除と基礎控除 - 相続で配偶者控除を上手く使おう

配偶者控除と基礎控除
相続で配偶者控除を上手く使おう > 配偶者控除と基礎控除

配偶者控除と基礎控除



遺産相続は被相続人から残された家族への愛情の証でもあり、その後の人生をできるだけ豊かなものにするために行うものです。
しかし昔から遺産相続に関するトラブルは後を絶たず、遺産の種類が豊富だったり金額が大きくなるほどそういった傾向は強くなると言われています。

その原因のひとつにあげられるのが相続人自身の知識が不足していることで、これは遺産相続自体そう何回も経験する問題ではないからです。
一般的に遺産相続で相続人となる回数はせいぜい2回~3回程度で、それ以上に及ぶことはまずないと言っていいでしょう。

しかも一回一回内容は変わってきますから、日ごろから遺産相続について勉強していたり専門家でもない限りほぼすべての人が初心者なのです。
したがって相続する可能性が考えられる人はあらかじめ遺産相続とはどういう仕組みになっているのかを情報収集しておくことによってトラブルを回避できる可能性を高められるのです。

遺産相続するにあたってもっとも基礎的なことと言えば基礎控除と配偶者控除のふたつで、これは相続税が発生するかどうか、また相続税の対象となる金額はどれくらいなのかを計算するときに知っておかなければなりません。
基礎控除額は3,000万円+600万円×法定相続人の数で計算することが可能で、法定相続人は被相続人との関係性で決まっています。
もっとも優先順位が高いのは配偶者で、その次が子供、そして父母祖父母、兄弟姉妹という順番になっています。

配偶者と子供がいる場合はこれに該当する人が法定相続人となり、父母祖父母や兄弟姉妹は対象になりません。
そして配偶者と子供の数が3人であれば基礎控除額は3,000万円+600万円×3で出せますから、4,800万円が基礎控除額となるわけです。
そうすると4,800万円までの金額を相続するなら課税対象にはなりませんし、たとえば6,000万円の遺産相続なら6,000万円-4,800万円で1,200万円が相続税の対象になります。

そして配偶者控除とは文字通り配偶者のみが受けられる控除制度で、1億6,000万円以内あるいはそれを超えても基礎控除額内であれば課税対象にはならないという決まりになっています。
このように遺産相続は法定相続人となる優先順位そして基礎控除と配偶者控除について知っておくことが基本になりますし、これを知っておけばあとは財産について調べるだけなので協議もかなりやりやすくなるはずです。