生命保険と配偶者控除 - 相続で配偶者控除を上手く使おう

生命保険と配偶者控除
相続で配偶者控除を上手く使おう > 生命保険と配偶者控除

生命保険と配偶者控除



生命保険は被相続人が亡くなったときに家族にお金を残しておきたいという願いを込めて加入しているものです。
遺産相続の際に受け取るお金の中でも特に多いのが死亡保険金で、被相続人が生前に生命保険へ加入し自身の名義で保険料を支払っていた場合、それを受け取ると相続税の対象になります。
しかし死亡保険金を受け取ったから必ず相続税を支払わなければならないというわけではなく、控除を受けることによって相続税が発生しなくなるケースもありますので、ここではそのあたりの説明をしたいと思います。

はじめに控除には死亡保険金の非課税枠、基礎控除、そして配偶者控除の3つがあって、死亡保険金を受け取る前に自分がどれくらい控除を受けられるのか確認してください。
死亡保険金の非課税枠は「500万円×法定相続人の数」の計算式で出すことが可能で、たとえば3,000万円の死亡保険金があってそれを配偶者が受け取ることになっていた場合、法定相続人が何人いるかによって非課税枠は変化します。
配偶者と子供2人の場合は1,500万円までですし、配偶者と子供5人なら3,000万円なので、3,000万円の死亡保険金なら無条件で非課税となります。

また、たとえ死亡保険金の非課税枠を超えていたとしても基礎控除や配偶者控除が適用される可能性もあります。
基礎控除は「3.000万円+600万円×法定相続人の数」で計算することができ、配偶者と子供2人の場合は法定相続人の部分が3人になりますので、「3.000万円+600万円×3」ということになります。
さらに借金や葬儀代があった場合はそれを債務控除として引くことができます。

そして配偶者が死亡保険金を受け取る場合に限り配偶者控除が適用され、これは1億6000万円か配偶者の法定相続分のどちらか高いほうが適用されます。
つまり死亡保険金3,000万円に加えて5,000万円の遺産を相続することになっていたとしても、合計で8.000万円ですから配偶者控除が適用され課税対象にはならないのです。

このように死亡保険金を受け取るときには必ずどんな控除が受けられるのかチェックしておく必要がありますし、死亡保険金に限らず遺産相続のときには控除を受けるようにしましょう。
遺産相続の際に適用される控除について詳しく知りたい場合は弁護士に相談するのがおすすめですし、相続税に関することも知りたいのであれば税理士に相談するのがいいでしょう。