配偶者控除とはなに? - 相続で配偶者控除を上手く使おう

配偶者控除とはなに?
相続で配偶者控除を上手く使おう > 配偶者控除とはなに?

配偶者控除とはなに?

相続税の配偶者控除とは、いくつかある減額措置の一つです。
コレを使うことで、配偶者にかかる相続税をかなり軽くできます。

この措置を使えるのは、故人の配偶者ですね。
直接の血縁はありませんが、故人にもっとも近い親族の一人として、非常に強い相続権があります。
今生存している故人の配偶者がいれば、特別な遺言があったり、配偶者自身が遺産分けを放棄したりしない限り、必ず相続人の一人に選ばれます。
特別な遺言がある場合でも、もともとの相続権が強いため、遺産のある程度の割合までの相続は法律で保護されており、本人が希望する限りはかなり確実に遺産を相続できるんです。

ここで相続できる遺産は、残された配偶者にとって残りの生活の蓄えになります。
大黒柱だった夫を亡くした妻など、夫の残した遺産が頼りになることも多いですよね。
ただ、遺産を引き継ぐとかかるのが相続税です。
これは引き継いだ遺産の金額やその割合に応じて課税されますので、ほぼ必ずといっていいほど遺産を引き継ぐ配偶者には、この課税が重くのしかかる場合もあるでしょう。

せっかくの故人の遺産が税金で減らされると、配偶者の以降の生活に支障が出る恐れもありますよね。
このような事態はなるべく避けるように、税金の課税方法には配慮されることが多いんです。
だから作られているのが、相続税の配偶者控除というわけです。

コレを使うと、他の相続人よりも大幅に非課税金額を増やせます。
同じ遺産を他の相続人が引き継ぐと課税されますが、それが配偶者なら非課税になる場合も多いわけです。
配偶者の相続財産への課税はこのように配慮されていますので、故人の遺産で以降の生活を考えている方も安心なんですね。

このような制度がありますから、急に相続が発生し、故人の遺産以外に今後の生活のアテがない配偶者の方は、積極的に使うといいでしょう。
コレの適用を受けて相続税の課税を抑える場合、申告が必要になりますので、そこだけは忘れないようにしてください。